RS_Baseは全国2,000施設以上で愛用されている検査データや画像データをファイリング・閲覧するための診療支援システムです。

RS_Baseについて

その他機能

カレンダー機能

トップ画面からカレンダーを呼び出せます。目的の日を選択するとその日の検査履歴が表示されるカレンダーと予定を書き込めるカレンダーがあります。

患者説明用画像表示機能

病気の説明などに使う画像を登録し表示させる機能です。その画像にフリーハンドで書き込めるように画像加工ソフトへの書き出しもワンクリックです。

書庫機能

スキャナで取り込んだパンフレットや文献などを保存しておくための機能です。

検査データ一括出力機能

個人の検査データや企業健診の結果を一括して書き出せる機能です。個人については、検査履歴表示画面の最後にデータ出力用の選択ボックスがあり、全てもしくは一部の検査を選択して出力すると、1つのディレクトリに一括してデータが書き出されます。それをCD-Rに焼いて渡せば色々な検査結果を丸ごと提供できるようになります。閲覧する側はブラウザさえあればほとんどのデータを見ることが出来るようになっています。健診データは会社単位で抽出して書き出せます。CSV形式でのデータ書き出しも出来るので、集計や統計処理にも使えます。

患者サマリー保存機能

カルテ更新時のまとめや、ちょっとした備忘録として使えます。